害虫駆除の方法、羽根アリの発生に対抗する方法

特徴

羽根アリの中には白アリがいます。この白アリは住宅に対して非常に深刻なダメージを与えるものです。
その為、家への侵入を出来る限り防ぐ必要があります。
通常白アリは外から湿気の強い道から住宅に侵入してくるケースが多くあります。
そのケースでは気づいた時すでに住宅が被害に合っていたなどがあります。
その為白アリは害虫として認識されています。白アリは特徴的ですが、羽根アリの中にも白アリはおり、飛んで来ることで住宅に住み着くなどのケースもあります。
白アリの特徴に関連することを書いていきます。

●2種類
日本には白アリが広く分布しています。しかし、これら白アリには2種類のタイプがいます。
この生息地などは非常に広く、また、種類によって異なる行動や見た目になっています。

・ヤマトシロアリ
ヤマトシロアリは木材などが常に湿っている場所を好んで活動します。基本的にシロアリは湿気のある場所を好む傾向にあり、そういった場所を道などにしている場合が多くあります。
このヤマトシロアリは特に水分を重視した移動を行う為、被害になる範囲が住宅の下部になることが多くなっています。
羽根アリとなる場合、雨上がりの日に飛ぶことが多くあるといった特徴になっています。

・イエシロアリ
イエシロアリはヤマトシロアリとは異なり、水を運ぶといったことが可能なシロアリです。その為、被害が下部に集中するヤマトシロアリとは異なり、家全体にダメージを与える物となります。
非常に厄介なシロアリとして一番被害の多くなっているシロアリになります。
羽根アリとして活動するのは夏場の夕方から夜間にかけての移動になります。

・厄介
ヤマトシロアリの場合、飛行してもダメージが下部に集中するため、室内にきてもそのまま住み着くといったことは少ないことが多くあります。
しかし、イエシロアリの場合、どの場所にでも水分を運ぶことができ、どこにでも湿気を持ち込めます。
その為、住み着く可能性が高いシロアリです。
イエシロアリの場合はすみやかに害虫駆除を依頼することが必要です。

recommended link
what’s new
archive
category
calendar
2014年12月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031